出店者名 午前三時の音楽
タイトル My Shooting Star. ―ジェミニとほうき星2―
著者 高梨 來
価格 800円
ジャンル JUNE
ツイートする
紹介文
創作BL│ 文庫│ 248頁 │ 800円 │ 15/09/20

誰の代わりなんかでもない、ただ好きだよ

本編終了直後〜大学生になった海吏の"それから"の5篇のエピソード。
強すぎる愛情で心を繋いだ親友同士二人のそれぞれ『告白』とその先、つかの間の二人の生活、新たな出会い。
男の子同士で喧嘩したり泣いたりイチャイチャしたり新キャラが登場したりします。本編よりも若干BLっぽさは高め。
「ほどけない体温」の忍の初登場はこちらから。


2015年の初版に誤字脱字の修正と少しだけ手を加えた第二版です。
長めの試し読み→https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8468767

 一見した時にはどこか冷たい印象を受けるそのまなざしは、ひるまずに見つめ返せばその奥に真摯でやわらかなぬくもりを潜めていることが手に取るように伝わる。どこか自然と警戒心を解きほぐしていくこのたおやかさが、親友が彼に惹きつけられた理由の一つなのだろう。
「良い名前だね、日本ではよくあるの?」
「そんなにメジャーでもないかな、同じ名前の俳優が居るけど」
『海吏』の方がよっぽど珍しい。付け足すようにそう答えれば、喉を鳴らすようにしてくくく、と笑顔で答えられる。
「最初に会った時のこと、思い出すよ」
 瞳を細めるようにしながら、彼は言う。
「カイリって女の子の名前じゃなかったっけ? って聞いたら、思いっきり不機嫌な顔して日本ではそうじゃないって言われて。でもやっぱり珍しい名前だったんだね」
「……名前のこと、気にしてたんだよ。日本に居た時、さんざん『女みたい』だのなんだの言われたっていうからさ」
 かくいう自分だって、名前だけ耳にした時には女の子だと早とちりしていたのだから人のことはとやかく言えないのだけれど。
「話すようになってすぐ、なんて呼んだらいい? って聞いたら言われたんだよ『カイ』って呼ぶようにって、みんなそう呼ぶからって」
「その前は、なんて?」
「伏姫くん」
 答えた瞬間、心底おかしそうにクスクスと笑う声が返ってくる。
「あなたがカイのことそんな風に呼んでたなんて、失礼だけどすごく似合わない」
「日本人にはいきなりファーストネームで呼び合う習慣がないんだよ」
 思わずぶっきらぼうにそう答えるそのうち、出会ったばかりの頃のカイのあの姿がまざまざと蘇るのを感じる。
 まだ幼さを残した物憂げなまなざしに、ちっとも似合わないスクエアフレームの紺の伊達眼鏡。どこか怯えたようにも見えたぎこちない仕草のひとつひとつに、ひどくぶっきらぼうに投げかけられる言葉たち。
 ああ、そういえばこちらから名前を教えるまではいつも『おまえ』呼びだったっけ。家族や恋人に呼ばれる時と同じ呼称で呼ぶことを許してくれたのは、彼にとってはもしかしたら、よっぽどの大きな決断だったのだろうかなんて。




推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください