出店者名 午前三時の音楽
タイトル Dead Flowers
著者 高梨來
価格 500円
ジャンル JUNE
ツイートする
紹介文
創作BL │ A5コピー │ 36頁 │ 500円 │ 18/01/21

同居人が花を食べるのだ、と彼は言う

フルカラー糸綴じ手製本で送る、「ここではないどこか」であまやかに綴られるかすかな光のようにあわく滲む二編の恋の物語

「ねえ、これって」
 花びらのひとひらを指先でこするようにしながら、彼は言う。
「どんな味がするんだろう? あなたは、食べたことは」
「残念ながら」
 サラダや肉料理の彩りに、と添えられるそれに、何か特別な嗜好品としての魅力があるとは思えないのだけれど。
「ふうん」
 答えながら、滑らかな指先は音も立てずに薄い花びらをぷつりと引きちぎる。
 無残に引きちぎられた花が、みるみるうちに音も立てずに飲み込まれていく―時間にすれば、ほんの一瞬。そんなささいなひとときを、どこか見過ごせないような心地でじっと僕は見つめる。
 嚥下のためにゆっくりと動く白いのどは、まるでなにかのいきもののようで、不思議ななまめかしさを呼び起こす。
「……悪趣味だ」
 顔をしかめながら、ぽつりと洩らされた言葉がそれだ。
「目で楽しむものを無理に口にするだなんて、誰が考えたんだろう」
 やれやれ、とでも言わんばかりの様子で、引きちぎられた後の残りの花束をじっと見下ろすまなざしは、それでもどこかしら慈愛にも似た色に満ちている。「ごめんなさい、おかしなことに付き合わせて」
 会釈とともに答えるその仕草には、どこか取り澄ましたようなよそよそしさが途端に呼び戻される。
 ほんのひと時前に垣間見せたあのむせかえるような生々しい感情のありかを覗かせた顔つきは、舞台に立つための演技に過ぎなかったのだとでも言いたげなほどに。
「……いえ」
 わずかにそうっとぎこちなくかぶりを振って見せたその後、こちらもまた、取り繕うかのような笑顔を張り付けるようにして投げ返す台詞はこうだ。
「またいつでもいらしてください、その頃にはまた種類を増やしておきますので」
「……飾れる花を買えるようになれば、それがいちばんなんだけれど」
 力なく笑いながら答えてみせるその姿に、どこかしらあやふやな感情を引きずられていくのにただ身をまかせる。
 花の香りのその奥で、静かに揺らめくような色がこぼれおちる。


"午前三時の音楽"

"午前三時の音楽"

雰囲気を言い表そうとパラパラしていましたら、表紙のサークル名が目に入りまして、深く納得してしまいました。
敢えて他の言葉で言い表すと、しとしとと穏やかに降る中で雨樋から溢れ落ちる雫、その断続的な雨音のような作品群かなと思います。


『Dead Flowers』
花を食べる同居人、花を与える同居人、そして花屋。背景は霞の掛かったまま、それぞれの想いが描き出される。秘め事を覗き見してしまったような、そんな感覚。

『くらやみの色』
くらやみの中の食卓。二人の会話は仄かに、甘い色味を帯びている。音が、声が、読み手の中によく響く。

『雨のワルツを』
雨音、雨音、雨音。部屋の中で聴く色々な雨音。ふたりにとってそれは日常を彩る音楽のようなものなのかもしれない。

『目と耳そして、エコー』
ふたりの会話。色と音についてのワンシーン。
推薦者桜鬼



推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください