出店者名 藍色のモノローグ
タイトル white minds 第1巻
著者 藍間真珠
価格 800円
ジャンル ファンタジー
ツイートする
紹介文
違法者を取り締まるべく、異世界へ派遣された神技隊。だがその裏には別の思惑が潜んでいた。
突如現れた「第十八隊シークレット」瓜二つの五人。まやかしの平穏が失われた時、全ての謎は消えた歴史へと収束する。
謎と陰謀愛憎渦巻くSF、現代風味の群像ファンタジー。第1巻

 単独行動に走りがちな仲間がいると、苦労する。かつては自分に向けられていた言葉を、この頃青葉はしみじみ噛み締めていた。
 微睡みから抜け出した彼は、すぐに仲間が一人欠けていることに気がついた。異変を感じ取ったのはその後だ。異常な『気』を察知することには慣れていたはずだが、心地よい春の陽気に負けてしまっていた。迂闊だった。
 状況を把握した途端、彼は弾かれたように走り出す。ほとんど反射にも近い。慌てたせいで上着を忘れてきたが、寒いと感じるような気温でもなかった。大通りから脇道に入り、さらにその奥の路地裏まで足を踏み入れても、涼しいと思う程度だ。
 どんどん道は狭くなっている。まだ午睡中だった仲間たちを置いてきたのは正解だったと、彼は独りごちた。起こすのが面倒だったからというのが理由だが、こんな場所では人数がいても身動きがとれない。彼は短い黒髪を乱雑に掻きむしりつつ、汚れたダンボールを飛び越える。
「まあ、それにしたって、何も言わずにってのはまずかったかもな」
 自嘲気味な言葉が漏れたのは、日頃の自分の言動を思い出したからだ。書き置きもなしに一人で動いたのは青葉も同じ。だがそうなった原因は、目指す先にいる仲間にある。
 自転車やバイクが目につく狭い路地の向こうには、三つの気があった。そのうちの一つは仲間である梅花のものだ。この異常事態に気づいて一人で探りに行ったのだろう。彼女ならあり得ることだった。
「常習犯だし」
 幾つもの文句が浮かんでくるが、それを口にしている時間も惜しい。しかし焦るせいか速度が上がらなかった。障害物も次々と現れるため走りにくい。一度ならず二度も、ペットボトルを盛大に蹴飛ばしてしまった。
 それでも路地裏に入ってからは、迷惑そうに脇へ避けていた通行人が見当たらなくなった。もちろん異変を察知したからではないだろう。たまたまだ。一般人は気を感じ取ることができないから、この異常性に気づけるわけがない。
 人ならば誰もが持っている気と呼ばれるもの。把握できない普通の人間にとっては存在しないも同然だが、青葉たち『技使い』にとっては違う。何気なく辺りの様子を視界に入れるがごとく、さほど意識しなくともその情報は飛び込んでくる。第六の感覚と呼んでも過言ではない。温度や色で表されることもあり、個々人によって特徴があるのだが、その時々の感情まで反映されてしまう。ある意味厄介なものだった。


個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる群像劇の面白さ
藍間さんの代表作であるこの作品は、一言で説明しきれないほど、広くて、深いとしか言いようがない。
基本的には、主人公たちが住む世界を脅かす存在と戦うお話ではあるのだけど、その世界観というがとにかく、壮大。宇宙規模なのである。
その中で「技使い」と呼ばれる超能力者たち(作中ではエリートの設定だ)が、自分たちに降りかかる災難や困難に、持てる力と知恵を振り絞って立ち向かっていく。
確かに主人公たちは選抜されたエリート部隊だけあって強い。しかし、その強さや信念は個々に違う。誰もが、自分の幸いのために、それぞれの人生を生きようと必死だ。それは、異世界が舞台であっても、読み手たる私達とも重なる部分がたくさんにある。
長く苦しい戦いの中で、若い彼らが見つけるものはなんだろう。作中のあまたにちりばめられた謎とともに楽しむのが、この作品の魅力の一つかもしれない。
推薦者服部匠



推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください