出店者名 ヰスタリア会
タイトル 由-yukari-
著者 ヰスタリア会
価格 400円
ジャンル 掌編
ツイートする
紹介文
この冊子を手に取ってくださった方々との「ながーいお付き合い」を願って。
純文学・幻想文学・エンタメ・短歌まで、メンバーの個性を表現した合同誌です。

 青犬は、舌まで青い。
 その青い舌が私の足をちろちろと舐めるのである。そして合間に見上げる顔の、潤んだつぶらな瞳が私を捉えて離さない。つやつやとした短めの毛並みはまだらのグレーだが、その下には鮮やかな青い皮膚が透けて見えている。
  『青犬』里居絵裏子

 ささくれ立った畳に、頬を押し付けて寝転がる染蔵の頭上を、長くて白い足がまたぎ越していった。
「……人の頭の上を通らない」
 染蔵はその細い足をペシリと叩いた。いやん、と足の持ち主が身をくねらせる。
 その声色と、足に触れた指先のザラリとした不快な感触に、思わず鳥肌が立つ。そう、これは男のすねだ。
  『サクラメント心中芝居』蒲刈七緒

 妻が魚を産んだ。嘘じゃない、本当だ。
 それはある夜、妻と二人で夕食をとっている最中のことだった。彼女は、あ、とつぶやいて、スープボウルの中にぽちゃんとスプーンを落した。
 スープに虫でも入っていたのかい。僕は妻にたずねた。
「産まれるわ」妻は一言そう言った。
  『小魚ジョージ』矢口水晶




推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください