出店者名 鹿紙路
タイトル レッド・シーダー
著者 鹿紙路
価格 300円
ジャンル 恋愛
ツイートする
紹介文
北米を旅している女性写真家・賀東名緒は、ある村で秋を過ごす。

彼女に焦がれるのは、先住民系の小学校教師、あるいは、

山並みを渡り歩く白人のレンジャー。

うつくしい自然のなかでの一瞬の邂逅を描く、短編恋愛小説。

 ぼさぼさの亜麻色の髪が、朝陽を受けてきらきらと光っている。
 おおきくあたりに響く、規則正しい寝息、ゆっくりと浮き沈みするはだかの胸。
 彼はむこうを向き、枕に顔をうずめて眠っている。
 名緒はそっと手を伸ばす。彼の胸のわずかに上を撫でるように動かす。まばらに生えた体毛はやはり亜麻色で、絹のようなやわらかな感触がある。
 ざざ、と風が外の梢を鳴らし、ちらちらと天窓から影を落とす。
 無意識のうちにコンパクトカメラを構え、彼を撮る。なだらかな丘がつらなるような腰から腹の陰翳、腕の産毛が穏やかに肌を輝かせるようす。
 背の筋肉ははりつめて、けれど背骨のへこみだけは無防備だった。カメラを変えて、すばやく光量を調整し、モノクロのフィルムに移し込む。伸びかけた髭が喉仏と作るちいさな影。それが呼吸に合わせて上下する。
「……ナオ?」
 猫の鳴き声のような不明瞭な発音で、彼が名緒を呼んだ。こちらを向き、くしゃくしゃの顔のなかで緑色の瞳がひらいた。
「ネッド」
 名緒は微笑みかけ、カメラを置いて彼の唇に口づけする。カメラを構え直そうとしたのに、背中に腕を回され、シーツのなかに引きずり込まれる。
「ネッド、放して」
 あっというまに彼が名緒に覆いかぶさり、首筋になんども口づけされる。
「撮ろうと思った男とは軽々しく寝るのか?」
 ネッドは喉の奥を鳴らして笑っている。
「そうだね、軽々しく寝るよ。それでよい写真が撮れると思ったら」
 名緒は彼の頬を両手でとらえ、口の両端を引き上げた。
「あなたはとてもきれい」
 目を細め、うっとりと言う。
「……おれが?」
「うん。あなたはうつくしい」
 ネッドが顔を歪める。亜麻色の髭に覆われていても、彼の右頬にはおおきな火傷の跡があるとわかる。右耳は引き攣れて、いびつな形だった。幼いころ、油がかかったせいだと、野営中に話してくれた。
 すぐにつよい力で抱き締められる。
 さっき身につけたシャツのすそから、熱いてのひらが入ってくる。
「……ネッド」
 背中をこすられて、名緒は震えた。彼は荒く息をついて、名緒のうなじに舌を這わせる。
「……おれは」
 彼の固いてのひらが、名緒の肋骨をたどる。乳房のふくらみに沿って、うやうやしく指が滑る。
「……ナオが、欲しい」
「……」
「……もう一回しよう」
 彼の額が名緒の背に押しつけられた。
「……うん」
 その言葉尻を奪うように引き寄せられた。




推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください