出店者名 ひとひら、さらり
タイトル Cis1 第4版 冒険は授業のあとで
著者 新島みのる
価格 500円
ジャンル ファンタジー
ツイートする
紹介文
 ミズカは冒険物語に憧れていた小学六年生。学校の昼休み時間でも、塾のテスト対策に追われ、精神的につらい日々を送っていた。
 現実逃避をしたいと思っていた矢先、突如、冒険のチャンスがめぐってくる。はたしてミズカは、日ごろの運動不足をのりこえられるのか。得体の知れぬ諸々相手に、太刀打ちできるのか。
 全てはここから始まった、注目の第一巻!
 小学生三人と虫のようなの一匹だけで、前代未聞の籠城戦が繰り広げられる!

 少年は本当に嬉しそうに笑うと、ミズカの肩に手をのせてきた。ミズカはたじたじになってしまって、言葉もでない。少年の方はというと、ミズカの動揺にさっぱり気づいていないようだ。今度は、妹の方に声をかけた。
「マイ! 俺だけを責めるな、ここにも仲間がっ」
 『マイ』と呼ばれた女の子は、いつの間にか、こちらへ歩み寄ってきていた。少年が言い終わるのを待たずして、彼の肩をつかみ、ミズカから離してみせたのだった。
 いとも簡単に少年は倒れると、わざとらしく床の上を転がる。すっかり固まってしまったミズカに、女の子は優しく微笑みかけて、自己紹介をした。
「はじめまして、私は『勇気義 舞』。マイって呼んでネ」
「は、はじめまして……」
 うつぶせになったままでいる少年を指差し、マイが言う。
「あれは、私の義(あ)兄(に)の、『勇気義 勝頼』。どうにもお調子者で、驚かせちゃってごめんネ」
「あれ呼ばわりしなくてもいいだろー。俺のことはヨリオっていうニックネームでよんでくれ! よろしく!」
 寝転がった体勢のまま、親指をたててグッドサインをつくり、さらにウィンクまで送ってくる。ヨリオはきっと、それで格好つけているつもりなのだろうが、どうにも残念な印象がぬぐえない。
 ミズカも小さな声ながら、名を名乗った。
「私は、重上 未珠花。ミズカって呼んでくれていいよ。その……よろしくです」
「よろしくネ、ミズカちゃん!」
 マイは笑顔で右手を差しだしてくれる。手をとりあった。あたたかい握手をかわす。
 ちょうどひと回り、マイの方がミズカよりも身長が低かった。
 近くからみると、マイという子は、とてもかわいらしい。ピンクの丸い飾りのついたゴムでくくられた髪型も、はじけるような笑顔も。見ているだけで心が和む。
 ミズカとマイ、互いに照れて笑いあっていたところ、ヨリオが割りこんできた。
「ミズカって良いネーミングだな。お前もそう思うよな」
「お兄ちゃん、いつの間に、なに拾っているネ?!」
 知らぬ間に、ヨリオの手にナシがはさまれてしまっていた。身動きとれないでいるようだ。


ワクワクとスリルがたくさんの児童文学を目いっぱい楽しんで!
子供の頃、一度は「実は自分がなにかの力を持っていて、世界を守るために戦うんだ!」という夢想に浸り、ドキドキ、ワクワクの冒険譚に憧れたひと向けの、良質な児童文学作品です。
しかし、主人公たちは力があるとは言われたものの、それを発揮するのも一筋縄ではいきません。あくまで彼女彼らの努力や気持ちの持ちようで、困難や障害に立ち向かっていくのです。その辺りが等身大のキャラクターで、好感が持てます。
世界観の作り込みや、読んでいてストレスのない語り口には感服です。
作者さんの熱量がこもった、素敵な一冊です。
推薦者服部匠



推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください