出店者名 ペーパーカンパニー
タイトル ほどけないで
著者 正岡紗季
価格 200円
ジャンル 恋愛
ツイートする
紹介文
濡れ場ありのR18小説。
ノオト(ノート、の音?)シリーズより第二弾。おそらく。
器用で失敗を知らない全能な、言い換えればコドモな松本が主人公。
縛られて意思を捨てれば平和、流される方が楽だという繭子に、それは違うと松本。
「おれが縛って、(軌道修正のために)叱ってあげる」
三浦俊彦推薦

「ねえ、エロい顔見せてよ」
「や」
「かわいいのに」
「恥ずか、しい」
「もっと恥ずかしいことしてあげる。ベッドどこかなー」
 芯を抜かれていた。手を引かれる繭子は、脚をもつれさせずにいるので精一杯だった。
「待って、シャワー」
「今はダメ」
「どうして?」
「いい匂いだから」
「恥ずかしい」
「恥ずかしいことするの? して欲しいの?」
 裸の繭子をベッドに座らせ、松本も服を脱ぎにかかる。カーディガンのボタンを外しながら、からかいの言葉を向けた。
「やーらーしー」
 繭子は手と脚で裸を隠すように、丸くなった。
「意地悪言うのが好きなんですか?」
 松本はプラム色のカーディガンをソファの肘掛けにやわらかくかけ、ネクタイをほどく。
「言うだけじゃなくてね、意地悪なの。シャワー行けないようにしてあげる」
 バニラホワイトのシャツと深いバジルグリーンのパンツは身に着けたままで、繭子の両手首を首の後ろに回した。ネクタイで適当に結んでみる。どうすれば痛くないのかほどけないのか、縛り方なんか知らないが、構造を考えればおおよその見当はつく。美大で何やっていたのかを察しろ。


これ書いちゃったんですね
多くの人が「これは私も知っている話」だけど、書かないでおこうというところを、この作者は延々と書いてしまった、という、そういう小説です。いまだになんと書いていいのか分からないんですけど、ひたすらに誠実に内的感覚を追った作品だと思います。あるよね、こういうこと、と思って読みました。
推薦者宇野寧湖



推薦する
お名前
メールアドレス
推しコピー
推薦文(1000文字以内)

セキュリティ文字 「あまぶん」と入力してください